審美歯科/Cosmetic Dentistry

審美歯科

審美歯科とは、歯を本来の姿にする見た目の美しさを求めた歯科治療です。歯並びや白い歯が綺麗に整えば、顎のラインもスッキリして輪郭や表情も変わります。口元を隠して笑う癖がなくなり、日常生活でも何事にも明るく積極的に行動できるようになったという方もいらっしゃいます。
もちろん、審美歯科による治療は、一時的な見た目の美しさやコンプレックスを解消するだけではありません。 いつまでも健康的な歯を保つためにも、興味を持たれた方は、お気軽にご相談ください。


セラミック治療

虫歯治療の銀歯や、金属の詰め物、かぶせものなどが気になる方に、 セラミックを使用して、白く美しい歯にすることができます。

金属は歯ぐきを黒っぽく見せてしまうことがあります。 これは、金属がイオン化して溶け出したり、金属の歯と歯ぐきの境目に隙間が開いて金属が見えてきてしまうものです。
また、歯に使用される金属が原因で、アレルギー症状が引き起こされたり、 金属による電位差で食べカスやプラークが付着しやすくなり、口臭の原因になる場合もあります。 セラミックは硬度が高く丈夫で、長く使用しても変色することがありません。金属アレルギーに悩まされることありません。
白くきれいで健康的な歯を回復したいとお考えの場合には、セラミックでの治療をおすすめ致します。


セラミック治療の種類について

セラミック・クラウン
欠けた歯、大きさが不揃いな歯に、セラミックのクラウン(冠)をかぶせて歯の色や形、歯並びなどを改善します。
ラミネートベニア
歯の表面を薄いセラミック素材でコーティングし、歯の色を白くしたり、歯のすき間を改善したり、 歯の形を整えるのに最適です。
ハイブリットセラミック
透樹脂にセラミック微粒子を混ぜた素材で、奥歯で通用する強度を持ち、虫歯などで欠けた奥歯を修復していきます。

セラミック・クラウン

セラミッククラウンは、通称「差し歯」と呼ばれており、歯全体の形や色調をカバーする方法です。

虫歯などにより失われた部分が大きい歯にも(歯の根の部分しか残っていない場合でも)対応でき、 歯の形も大きく変えることが出来るので、歯並びやかみ合わせを整えることができます。
また、ホワイトニングでは改善が困難な歯の変色や笑ったときに目立つ金属の被せ物をセラミックに変更することで、 自然な白い歯を手に入れることが出来ます。



ラミネートベニア

ラミネートベニアは歯の表面を薄いセラミック素材で化粧張りする方法です。

歯の表面を薄く削るだけで、神経はさわらずに歯をきれいにすることができます。
米国では審美歯科の代名詞ともいわれています。
ラミネートベニアは基本的に上の歯の前歯にのみ使用されます。
歯の色調は希望通りに製作でき、軽度の歯列矯正、隙間だらけの歯も改善できます。



ハイブリットセラミック

ラミネートベニアは歯の表面を薄いセラミック素材で化粧張りする方法です。

虫歯などにより欠けた歯に詰める場合に、70%の無機ガラスと30%の有機ガラスから出来ている細かい粒子で 歯にやさしい素材の「ハイブリットセラミック」という素材を使用する手法です。
保険でできるコンポジットレジンは、色調が自由で審美性にすぐれている反面、色が時間と共に変色したり、 磨耗が激しかったりするという欠点があり、奥歯には使用しづらく、 これまでは奥歯には金属が使われるのが通常でした。
ハイブリットセラミックスは、色が変わりずらく、すり減りづらい長所を持っているため奥歯にも使え、 かつ色調も自由に選べますので審美的にも優れている新しい素材です。



ダイレクトボンディング治療

ダイレクトボンディングは、次世代のハイブリット樹脂で歯の形態を修復し、象牙質やエナメル質の代わりをつくっていく技術です。

コンポジットレジンよりも、審美性や耐久性に優れており、 その日の内に施術が完了して、自然な美しい歯を手に入れることが出来ます。
ダイレクトボンディングは、ラミネートベニアやオールセラミックスクラウンのような型取りはなく、 1回の治療で終了できます。
ただし、1本仕上げるのに1時間以上かかることもあり、広範囲の修復には向かないこともあります。